来場予約はコチラ
構造 STRUCTURE

より良い日常のために。
毎日使うものだから、快適な住宅設備をご用意。

断熱窓

断熱窓

YKK AP330

最高水準の断熱性能
ハイブリッド構造窓

アルミと樹脂のハイブリット構造で、圧倒的な断熱性能を実現。

同じ室温でも「体感温度」は変わってきます

人間の体は、室温だけでなく、床や壁・天井、そして窓からの「輻射熱」も感じ取っています。冬に体感温度を上げるためには、家の断熱性を高め、窓・壁・床・天井等を温度差がない状態にする必要があるのです。

同じ室温でも「体感温度」は変わってきます

防露性能比較(社内試験)

室内側樹脂形材により、カビ・ダニの原因になる結露を抑制します。また、樹脂窓は高性能なLow-E複層ガラスと組み合わせることで、高い断熱性を発揮します。

防露性能比較(社内試験)

樹脂と複層ガラスにより、最高レベルの断熱性を実現した
新発想の「新しい窓」。

フレームは樹脂だから結露の発生を軽減します。
樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。
ガラス部分はLow-E複層ガラスだから熱の出入りを軽減します。
ガラスとガラスの間にアルゴンガスを充填。空気に比べ熱伝導を約30%抑えます。

エコロジーに対する意識が高まり、家の窓も“環境への配慮”が問われる時代になりました。 そこで注目を集めているのが「樹脂窓」。断熱性に優れ、冷暖房の消費エネルギーを大幅に抑えられます。APW330は、そんな環境性能とデザイン性を高い次元で兼ね備えた、新しい樹脂窓です。
樹脂と複層ガラスにより、最高レベルの断熱性を実現した新発想の「新しい窓」。
断熱材
写真はメーカー施工事例につき実際とは異なります。

断熱材

高気密・高断熱の
水を発泡材とした
人にも地球環境にも優しい
断熱材「アクアフォーム」

水から生まれた環境にやさしい断熱材

通常はフロンガスを使用して発泡させることが多いウレタンフォーム。アクアフォームは水を使って現場で発泡させます。これにより柱と柱の間や、細かい部分にも隙間なく充填することができます。アクアフォームはイソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用するので、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。また、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。暮らす人だけでなく施工する人にもやさしい素材です。

現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームはグラスウール10Kの1.5倍以上の断熱効果を発揮します。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

  • CO2を削減し地球を守る断熱材アクアフォームで省エネ住宅 アクアフォームで断熱した住宅は暖冷房エネルギーを削減する事ができ、CO2の排出量を減らすことが可能です。1年間でブナの木230本分のCO2を削減できます。
  • 次世代省エネ 年間暖冷房費がお得!!Q.なぜ半額になるの?現場発泡断熱材だから隙間のない構造で暖冷房の熱ロスがありません。具体的に暖冷房費で比較すると旧省エネの1/2以下に抑えられるのです。
  • DATE1断熱性 厚み比較 DATE2気密性 自己接着力 DATE3吸音性 測定結果
基礎構造
イメージイラスト

基礎構造

木造住宅を支える
頑強な基礎構造

地盤調査は最新の方式で入念に測定

頑丈な基礎は地震に強い住まいづくりの基本です。とくに軟弱地盤への対策や耐震設計が不十分な場合には、家が傾き、基礎や壁に亀裂が入る「不同沈下」が発生する心配があります。最適な基礎の仕様および地盤補強工事が必要かどうか調査・検討します。

地盤調査により、最適な改良工法にて施工

地盤調査の結果により地盤改良が必要な場合、柱状改良工法(湿式・乾式)や表層改良工法などの地質に最適な地盤改良工事を行います。改良工事を行った地盤には20年間の地盤保証がつきます。また、改良の必要無しと判定された場合にも同様に地盤保証がつきます。

耐震性にすぐれた、鉄筋コンクリート造の
土間コンクリート一体基礎

建物全体の重量を支え、地震などの外力を地盤に分散させる基礎。厚さ180㎜の鉄筋コンクリートスラブと立ち上がり部分を一体化した、信頼性の高いベタ基礎を採用。鉄筋を縦横に配筋して地盤を覆い、床下全体に打設したコンクリートの力を強化するなど高強度な基礎構造です。※建物の構造・地盤の強度によって基礎の形状・鉄筋の配筋は異なります。

コンクリートと鉄筋が一体化した
頑丈な鉄筋コンクリート造のベタ基礎

基礎立上の幅も150ミリとし、「フラット35技術基準」の120ミリの1.25倍の厚さを確保して、建物をしっかりと支えています。

基礎パッキン工法
イメージイラスト

基礎パッキン工法

生涯の暮らしを支える
耐久性の高い住まい

地面からの湿気対策

180ミリのコンクリートを打設。地面からの湿気を遮断します。

高い通気性で木を守る「基礎パッキン工法」

現代の住宅の基礎は、鉄筋コンクリートでできています。コンクリートは、水・セメント・砂・砂利を混ぜてつくるもので、内部に鉄筋を入れたものを鉄筋コンクリートとよびます。この鉄筋コンクリートはビルや橋梁でよくみかけるように、強度や耐久性に優れたものですが、水を混ぜてつくるものなので、水分を多く含みます。これに対し木材は水分によって劣化が進みます。つまり木材が乾燥状態を保つことで劣化を防ぎ、住まいの長寿を実現します。

基礎パッキン工法はコンクリートと木部の間に「基礎パッキン」をはさみ、空間を作ることで床下の換気を行い、同時に水分を多く含むコンクリートと乾燥状態を保ちたい木材とを絶縁します。

省エネ・耐久性を高める換気

基礎パッキン工法は、床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくることで、断熱材の性能を維持。さらに土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せつけにくい好条件をつくることになります。

基礎パッキン工法と従来の工法との比較

住まいを腐朽から守る

土台上端から1メートル以内の外周の木材部には、シロアリ対策にも効果がある、防腐・防蟻処理を実施。薬剤は、有害物質を含まない非有機リン系を使用し、健康や環境に配慮しています。※防腐・防蟻処理の保証期間は5年です。

住まいを腐朽から守る

バルコニーの防水はFRP仕上げ

1年中、風雨にさらされるバルコニーは構造用合板の上に、不燃板を敷き、その上に防水性の高いFRP(繊維強化プラスチック)を全面に塗布。FRP防水は耐水性・耐食性・耐摩擦性などに優れているという特徴があります。

バルコニーの防水はFRP仕上げ
2×4(ツーバイフォー)工法
写真は当社施工事例につき実際とは異なります。

2×4(ツーバイフォー)工法

面と線により強固に支える
耐震性に優れた2×4工法

くぎや接合金具などきめ細かいマニュアルによる均一な品質・性能

接合部に専用のくぎや接合金物(Cマーク金物など)を使用します。くぎはサイズ別にカラーリングが施されています。これは一度打ち込んでしまうと確認の難しいくぎを、くぎの頭の色により確実にチェックできるように考えられたものです。 最近では、メッキ処理されたくぎが規格に加えられ、建物の耐久性向上につながってきています。接合金物は接合部に発生する応力を有効に伝達するために、品質及び性能が明らかになっているものを使います。 さらに、構造材やくぎ・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まできめ細かく規定され、枠組壁工法住宅工事仕様書 (監修:住宅金融支援機構)などでマニュアル化されているため、どの住宅にも均一な品質と性能を実現します。

規格化された
構造用製材

2×4工法では、主に6種類の規格化された枠組壁工法構造用製材を使用します。2×4工法それぞれの部材は、日本農林(JAS)規格によって厳しく品質がチェックされ、使用する箇所ごとに製材品の種別なども定められています。

自社プレカット工場 (滋賀県)

琵琶湖の湖東に広がる広大な敷地にある2×4工法のプレカット工場。2×4工法の製材を北米(カナダ)から直輸入し、徹底した品質管理のもので製作しています。品質のばらつきが少なく、工期の短縮と安定した建材を供給できます。

ねじれや変形を防ぐ2×4工法

在来工法では地震の揺れによる外力を軸で支えるので水平方向の力に弱いのが難点です。一方、2×4工法が外力を6面に分散、吸収するため、ねじれや変形を防ぎます。

鉄やコンクリートにもない、木のすぐれた特性

住まいの構造素材として、木がもつ特有の性質が果たす役割は多々あります。木は一般に、伐採、加工されたあとでも、200~300年間は強度や剛性が2~3割上昇するといわれ、驚くべき生命力を有しています。また、木は空気中の湿度が高くなると湿度を吸収し、乾燥してくると水分を放出するという特性を持ち、居住空間を自動調湿してくれます。

鉄やコンクリートより木は強い素材

同じ重さで木材と他の材料を比較すると、圧縮強度でコンクリートの約10倍、引っ張り強度は鉄の4倍、コンクリートの200倍以上もあります。しかも鉄やコンクリートなどのように経年変化とともに強度が低下する無機質な素材と違い、木は乾燥した状態を保つことで大変長持ちします。

鉄やアルミより、木は火に強い

一般的に木は火に弱い素材と考えられていますが、加熱実験では、木は鉄やアルミよりも強度低下が遅いという結果がでています。木はある程度以上の厚みがあれば、いったん燃えると表面が焦げて炭化層を形成。これによって内部まで燃焼が進行せず、強度が低下しにくい性質とあいまって、万一火災が発生しても燃え進むには時間がかかり、結果的に構造体も残りやすくなります。一方、鉄は火災時レベルの熱(800℃以上)を受けると急激に強度が低下し、変形してしまいます。

石膏ボードでさらに耐火性アップ

すべての天井や壁の内側全面に、厚さ12.5ミリ(居室天井は厚さ9.5ミリを二重貼り)の石膏ボードが貼られます。石膏ボードの中には約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして約20分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。このため火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。 また、床・壁の内部に埋め込まれる断熱材も、火災時の熱の構造材に伝わりにくくし、石膏ボードと共に木材の発火を遅らせます。これにより2×4住宅の耐火性は、さらに高くなっています。
温度に対する材質の変化率のグラフ

ファイヤーストップ構造

2×4工法では、火の通り道となる床や壁の構造材が火や煙、空気の流れを遮断するファイヤーストップとなり、上層へ火が燃え広がるのをくい止める特性があります。また床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている内部構造によって火の進行はさらに遅くなります。

細部のこだわり
イメージイラスト

細部のこだわり

見えない細やかな場所にも
こだわりを追求した家づくり

収縮がなく高耐久の「鋼製束」

ベタ基礎と基礎パッキン工法を用いることにより、床下が乾燥し過ぎてしまい床下の柱となる束(つか)が収縮して、床鳴りの原因になっていました。そこで最初から収縮がなく耐久性も高い「鋼製束」を使用しています。

住まいや人体にやさしい

住まいの天敵であるカビ・白蟻。このカビ・白蟻が増えれば大事な家だけでなく、人体にも影響(生活上の不快感・喘息・アレルギー)を及ぼします。鋼製束は錆び付いたり腐ったりしません。さらに白蟻の食害も受けないため住まいの耐久性を向上させます。

鋼製床束工法

外気より湿度の高い床下で床を支える床束は、耐久性が求められます。改良床工法に用いる鋼製床束は、腐朽や蟻害に強い材質に加え、施工後の微調整機能もあわせ持っています。

吸水性が少なく、断熱性に優れた床下断熱材で冷気を遮断

階床下には、吸水性が少なく断熱性に優れた高性能断熱材を施工し、床下の冷気を遮断します。また、ホルムアルデヒドを含まずノンフロン製品ですので、環境やシックハウス対策にも適しています。

剛床工法

「根太」の代わりに構造用合板を使う剛床工法は根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強く、火打ち梁を省く事が出来ます。また、一般的な木造の剛性床は1階床の構造用合板の厚み24ミリなのですが、オークラホームは安全側にサイズアップして厚み28ミリを使っています。※2階床の下地には15ミリの厚みの構造用合板が使われています。
通気工法
イメージイラスト

通気工法

爽やかさをもたらす
建物の空気道

通気工法

住宅の高気密・高断熱の普及に伴い壁体内に結露が発生することによって柱・間柱・土台などの構造体が腐朽してしまいます。また、断熱材が濡れることで断熱性能の低下も起こります。オークラホームでは通気工法とすることにより、速やかに湿気を外気に放出させ、内部結露を抑制することができます。

壁体内の結露を防止

室内の湿気は内装材を通って壁の中に幾分か浸透していきます。壁が密閉状態の場合、湿気に逃げ場がなく、外壁材の裏面や壁体内で結露が発生することがあります。オークラホームでは「通気工法」とすることにより、速やかに湿気を外気に放出させ、内部結露を抑制することができます。

遮熱効果

通気層の通風によって遮熱効果が得られます。